ユーザーからのそれぞれの評判 | 使うならビットバンクとコインエクスチェンジのどちら?

HOME » 取引所 » ユーザーからのそれぞれの評判

ユーザーからのそれぞれの評判

ビットバンク(bitbank.cc)の評判や口コミに、悪い内容は目立ちません。
仮想通貨取引の中級者や上級者からは「アルトコインが取引方法で購入可能」という点に関して評価が高いです。
特に「リップル(XRP)を購入するのであればビットバンク(bitbank.cc)」といった内容が多いようです。

国内の仮想通貨取引所では、コインチェックがリップルを取り扱っているものの、販売所での取引となるため5%〜10%もの手数料が必要となります。
ビットバンク(bitbank.cc)の場合は、取引形式であるため手数料がお得なのです。
中級者や上級者からの人気を集めていますが国内最大級の3つの仮想通貨取引所が有名であるため、ビットバンク(bitbank.cc)は初心者の間で知名度が低いようです。

また、ユーザーに嬉しいキャンペーンが行われているという点も魅力の1つです。
登録済みのユーザーに利用し続けてもらう事や、新規ユーザーを獲得するためにキャンペーンは非常に重要ですよね。
「手数料全ペア無料キャンペーン」や、リップル(XRP)の出来高に応じ、ランキングに入ると5000円〜10万円の賞金を貰う事が出来る楽しいキャンペーンも行っています。

コインエクスチェンジ(CoinExchange)では、誤ったボタンをクリックすることによるトラブルが多い点、メンテナンスの表示が分かりにくい点がデメリットとして評判になっています。
まず、買った仮想通貨をコインエクスチェンジ(CoinExchange)に保有した状態にしておくことは控えた方が良いでしょう。
コインエクスチェンジ(CoinExchange)で買った仮想通貨は、自身のウォレットなどに出金します。

出金方法は簡単。
「Balance」の右にある「Action」から、「Withdraw (仮想通貨名)」を選択します。
送金する数を入力したら、パスワードなどの基本情報を入力すると手続きが完了。
登録してあるメールアドレス宛に、出金確認のメールが送信されます。
この出金確認メールにあるURLをクリックし、取引の承認を行わなければ送金は完了となりません。

また、ウォレットメンテナンス中は、該当する仮想通貨の出金および入金が不可となります。
「Status」の部分がチェックアイコンでは無い場合、メンテナンス中ということです。
カーソルを合わせてみると「wallet undergoing maintenance」と表示されるため、確認しましょう。
ただし、メンテナンス中であってもトレードは通常通り行うことが可能。
メンテナンスの内容が気になる場合には、仮想通貨の公式ホームページなどから、ウォレットアップデートに関する内容を確認しましょう。

また、「Setting」画面の赤い「Lock Account」は絶対にクリックしないようにしてください。
文字通り、アカウントをロックするボタンです。
万が一押してしまった場合、コインエクスチェンジ(CoinExchange)に問い合わせを行ってロックを解除しなければなりません。