イーサリアムを購入しておく必要性 | 使うならビットバンクとコインエクスチェンジのどちら?

HOME » 取引所 » イーサリアムを購入しておく必要性

イーサリアムを購入しておく必要性

ビットバンク(bitbank.cc)は知名度、人気が上昇しない理由ともなっている取引量(出来高)の少なさはデメリットです。
2017年のBTC/JPY月間取引高は「27.98億円」となり、グラフにある仮想通貨取引所の中で最も少ないのです。
ビットフライヤーの「72,922億円」と比較をしてしまうと、その少なさが分かりますね。

出来高と取引量はイコールであり、取引量が少ないということはスプレッド(価格差)が開くということです。
スプレッドが開いてしまうと、どれほど手数料が低い場合であっても他の仮想通貨取引所と比較をして割高となります。
取引量、出来高の量は人気や知名度に直結して行くため、今後に期待しましょう。
また、アルトコインが取引手数料無料となる点は非常に珍しく、メリットであるといえます。
リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)・モナコイン(MONA)・ビットコインキャッシュ(BCH)の5種類のアルトコインが手数料無料で購入可能となっているのは、ビットバンクのみです。

ICOに参加をするのであれば、イーサリアム(ETH)が必要になるケースが多いです。
そのため、イーサリアム(ETH)を購入するのであればビットバンク(bitbank.cc)が良いでしょう。
販売所形式で購入してしまうと、1度の取引であっても大きな手数料が必要となってしまいます。
必ず取引形式で購入してくださいね。

海外の仮想通貨取引所コインエクスチェンジ(CoinExchange)について、まずは特徴や利用方法を見てみましょう。
取り扱っている仮想通貨の数が非常に多いことが特徴のコインエクスチェンジ(CoinExchange)ですが、利用方法を誤ってしまうと、取引不可の仮想通貨を購入してしまう可能性もあるため十分に注意が必要です。
必要最低限の、投資に関する知識を持って取引を行いましょう。

コインエクスチェンジ(CoinExchange)の利用に関しては、この「取引不可の仮想通貨」に関して注意点があります。
コインエクスチェンジ(CoinExchange)では、通称「草コイン」といわれる、全く知名度のない仮想通貨も沢山取り扱っているのです。
草コインは知名度が低いものの、非常に安い価格で購入できる仮想通貨。
ほとんどの草コインが、今後価値を持つことのないものです。
その中には注目される仮想通貨もあるかも知れません。
その可能性に賭けて購入する投資家も居ます。
しかし、非常にリスクも高く、購入後取引が出来ない仮想通貨として保有し続ける可能性があるのです。
十分に注意し、事前にリサーチを行った上で草コインの購入を検討しましょう。