国産モナコインの扱いはある? | 使うならビットバンクとコインエクスチェンジのどちら?

HOME » 取引所 » 国産モナコインの扱いはある?

国産モナコインの扱いはある?

ビットバンク(bitbank.cc)はどんな取引所なのでしょうか。
特に仮想通貨取引初心者の方は、ビットバンク(bitbank.cc)の名前を聞いたことが無いという方も多いのではないでしょうか。
ビットバンク(bitbank.cc)は、一言で表すのであれば「アルトコイン(リップル、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン等)を安く購入できる」仮想通貨取引所です。
国内の仮想通貨取引所という点から、国産の仮想通貨であるモナコインの取り扱いがある点も嬉しいポイントですね。
ビットバンクは、仮想通貨取引の中級者や上級者からは評判が良い、アルトコインをお得に購入する事が出来る仮想通貨取引所なのです。

代表取締役CEOは、廣末紀之さん。
ブロックチェーンに関連する書籍の監修だけではなく、ビットコインでの投資入門書も出版しています。
野村證券入社後、GMOインターネット株式会社常務取締役から株式会社ガーラ代表取締役などの経歴を持っている方です。
取締役には、ポイントサイト「moppy」の運営を行っている株式会社セレスの代表取締役、都木聡さんも居ます。
信頼性の高い会社である事が伺えますね。

ビットバンク株式会社の設立は2014年5月であり、他の仮想通貨取引所の創立と同じです。
仮想通貨で資産1億円を超え、現段階で3億円以上の仮想通貨を保有しています。
大手の仮想通貨取引所と比較をすると、取引量や知名度は低いです。
しかし、今後伸びる取引所であると言われているため、無料登録を行っておいても損をすることは無いでしょう。

コインエクスチェンジ(CoinExchange)の特徴は、アルトコインを専門に扱う仮想通貨取引所であるという事です。
この点が、コインエクスチェンジ(CoinExchange)最大の特徴でしょう。
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)の5種類の仮想通貨建てで行われます。
コインエクスチェンジ(CoinExchange)に5種類のうちどれか仮想通貨を送金することで、その仮想通貨を利用してアルトコインを買うことが出来るのです。
コインエクスチェンジ(CoinExchange)では、国内の仮想通貨取引所で購入することは出来ない様な仮想通貨も多く取り扱っているため、気になる仮想通貨がある場合はコインエクスチェンジ(CoinExchange)を利用することで手に入るでしょう。

それぞれに特徴がありますが、モナコインを取引に利用するのであれば、やはり国内の仮想通貨取引所が良いのかも知れませんね。
特に決めていない場合は、アルトコイン専門であるコインエクスチェンジでも良いでしょう。