相続税の申告を自分でするメリット・デメリット

こんにちは! こうのとりです。 前回の記事では、相続税の申告を自分でする手順・必要書類、そして自分で相続税の申告をするときの相談先についてご紹介しました。 今回の記事では、相続税の申告を自分でするメリット・デメリットをご紹介します。 自分で申…

相続税の申告を自分でする手順・必要書類

こんにちは! こうのとりです。 前回の記事では、相続税の申告が自分でできるケースと税理士に依頼した方が良いケースについて紹介しました。 今回は、相続税の申告を自分でする手順・必要書類と、相続税の申告を自分でするときの主な相談先を見ていきます。…

相続税の申告が自分でできるケース・税理士に依頼した方が良いケース

こんにちは! こうのとりです。 親が亡くなった場合など、相続人となって遺産を相続した場合は、相続税の申告をしなければならない場合があります。 ただ、自身が相続人となることは数えるほどしかないため、相続税の申告書を作成したことのある人は、ほとん…

生産緑地制度の期限を2022年に控えて、首都圏の地価はどうなるの?

こんにちは! こうのとりです。 今年は7月下旬に雨が多い時期があって、それ以降は35℃ぐらいが平均的に続く猛暑となっていますね。 今年も海へ行けなかったなぁというのが残念です・・・。 ※写真はイメージです さて、前回は、生産緑地制度についてまとめて…

宅地不足は生産緑地のせい?東京にも農地はあるんです!

こんにちは! こうのとりです。 そろそろお盆が近いですが、昨年も今年もあんまりお盆って気分じゃないですね。 いつになったらこの状況が続くのだろうと、先の見えないゴールはなかなかキツイです。 ※ 写真はイメージです。 前回、不動産価格動向についてま…

テレワークが進めば不動産価格が下がる?マンション一強の価格高騰

こんにちは! こうのとりです。 ついにオリンピック目前となりましたが、開会式にかかわる関係者が辞任ラッシュとなっていて、非常に暗い影を落としつつあります・・・。 たしかに過去に差別行為を行っていた方々が処分されるのは致し方ないですが、もっと早…

都心部の地価高騰が顕著!相続前に知っておきたいエリア別不動産価格動向

こんにちは! こうのとりです! さて、オリンピック目前ですが、まだまだ混沌としております・・・。 イギリスやアメリカでは感染者数は許容する方向に舵を切ってますが、日本は果たして・・・ ※写真はイメージです さて、被相続人が元気なうちに遺産の整理…

兄弟10人、この不動産は誰のもの?所有者不明土地の問題解決的アプローチ

こんにちは! こうのとりです! 五輪が近づいてきましたが、折角の自国開催なのに今回は素直に楽しめそうにないですね・・・。どうせなら、お祭り騒ぎで応援したかったな~と、個人的には感じています。 ※写真はイメージです さて、前回まで2回にわたって所…

「相続登記の義務化」以外の予防的アプローチと相続放棄

こんにちは! こうのとりです! そうえいば、コロナ禍で業務量が格段に減った航空会社の添乗員などが、他業種のコールセンター業務などに出向するというニュースがありましたよね。 なりふり構わずに会社を守ろうとする従業員の皆様には頭が下がる一方で、SA…

忘れられた「ポツンと一軒家」状態の予防的アプローチ「相続登記の義務化」

こんにちは! こうのとりです! コロナ禍に対応すべく、withコロナ、afterコロナとして、デジタル化が促進されていますが、皆様の企業では進んでいますか? テレワークが推進されれば、介護や地方の過疎化などの社会問題が解決するのになと感じているのは私…

2024年以内に相続登記義務化!遠方に遺産がある方は注意!

こんにちは! こうのとりです! 自制の日々が続きますが、頑張っていきましょう! ※ 画像はイメージです 2021年4月、「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案」と「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」が可決成立し…

子どもなしの夫婦が遺言書を残こすべき理由とは(2)

こんにちは! こうのとりです。 今回は前回の続きで、子どもなしの夫婦が遺言書を残こすべき理由などについて見ていきたいと思います。 配偶者と親に財産を相続させたいときの遺言書の書き方 次に、配偶者と親に財産を相続させたいときの遺言書の書き方につ…

子どもなしの夫婦が遺言書を残こすべき理由とは(1)

こんにちは! こうのとりです。 子どもなしの夫婦の一方が亡くなった場合、夫や妻の財産はすべて自分が相続するというイメージを持っている方もいるかもしれません。 しかし、民法では子ども以外にも被相続人(亡くなった方)の一定の親族は、法定相続人とな…

代襲相続・養子縁組・遺言がある場合の遺産相続順位はどうなる?

こんにちは! こうのとりです。 相続は前回までみてきた基本ルールに必ずしも当てはまるような家族構成ばかりではありません。この相続順位の確定を少し難しくさせるような場合も見ていきましょう。 代襲相続の場合 故人に子どもと孫がいて、相続発生時には…

遺産相続の順位の基本的なルールとは?

こんにちは! こうのとりです。 相続の話というのは、いくら親しい間柄の家族や親族であってもなかなか話しにくい話題であるかもしれません。しかし、相続について話し合うというのは大切なことです。 というのも、相続というのは、財産を引き継ぐ権利だけが…

相続税が支払えないときに使う延納制度の利用条件・必要書類(後半)

こんにちは! こうのとりです。 今日は前回の続きで相続税延納申請書についての記事になります。 相続税が支払えないときに使う延納制度にはどのような書類が必要になるのでしょうか。 相続税の延納申請に必要な書類 相続税延納申請では相続税延納申請書など…

相続税が支払えないときに使う延納制度の利用条件・必要書類(前半)

こんにちは! こうのとりです。 今日は相続税についての記事です。 相続税は被相続人の死によって唐突に課税され、基本的には現金一括納付になります。そのため相続人の中には「現金の準備がなく相続税を課税されても急に払えない」というケースがあるのです…

その土地は誰の土地?相続登記の義務化について

こんにちは! こうのとりです。 もう寒い季節なんですよねー。 私、極度の暑がりなもので、コートを着ずにスーツのまま冬を越えることもしばしば(笑) 周りの人からは引かれますけどね・・・でも、暑いんだもん!!! もともと、寒いところで生まれ育ったか…

離婚をした場合は持ち家を真っ二つにする?離婚と不動産と課税対象と

あけましておめでとうございます! こうのとりです。 皆さま良い年を迎えられましたでしょうか? 「やられたらやり返す、倍返しだ!」 もうあのドラマが終わって半年以上経つんですね。 決してミーハーじゃない私も、池井戸潤さんの小説とテレビドラマは全部…

疎遠だった親族が孤独死!降りかかる借金はどう処理するの?

こんにちは! こうのとりです。 携帯電話の割引って、今後どうなるんでしょうかね? 政権が代わって、携帯電話の見直しが加速しそうですけど、今のところは大容量プランの見直しだけなんですよね~。 私、今のところ単身だからな・・・(涙) そんな中、楽天…

まさか過去に受けとった財産の返還を求められるとは!特別受益について

こんにちは! こうのとりです。 アメリカの大統領選挙はこのままバイデン候補の勝利に終わりそうですね。 トランプさんはパリ協定やWHO(1年後)から脱退し、 「世界のアメリカ」となることをやめた大統領です。 自国民に利益にならないことはしない!と…

誰に相談すればいいの?相続と相談すべき士業の棲み分け

こんにちは! こうのとりです。 コロナウィルスに有効なワクチンがいよいよ出てきたようで何よりです! このような未知のウィルスが出てきても、それに対して1年もせずにワクチンを開発できる医学者・科学者たちはすごいと思います。尊敬しかありません。 も…

住宅ローン減税制度がコロナウィルスで延長に!控除期間3年延長が有力

こんにちは! こうのとりです。 実家の愛犬はアポクリン癌という予後の悪いガンにかかってます。 余命半年が平均値ですが、まもなく1年です。 お尻の腫れもひどくなり、もうそろそろかなというところ。よく頑張った。 せめて苦しまないようにって思いますが…

相続不動産が古家だった場合の解体と滅失登記、譲渡の特例について

こんにちは! こうのとりです。 今年は実家への帰省を自粛しました。 親としては顔が見たいという気持ちはあるでしょうけど、万が一のことがあれば病気を持ち帰ることになってしまいますし、田舎ではまだまだ誹謗中傷の可能性もあることを考えれば止むをえず…

相続税対策はできるのか!?小規模宅地の特例

こんにちは! こうのとりです。 来年の東京オリンピック、一体どうなるんでしょうね? コロナウィルスを乗り越えた結果としての開催であれば、過去最大級に盛り上がるでしょうけど、縮小のまま開催するなら、むしろ再延期のほうがいいんじゃないかなと思った…

共有不動産を相続した場合に単独でできることは限りある!

こんにちは! こうのとりです。 コロナウィルスによって、主にバックオフィスの業務は 在宅ワークが推進されるようになっていますが、 なかなか根づかないのは日本固有のコミュニケーション文化が 身体に染みついているからなのでしょうかね? 喫煙所での会…

超複雑!超タイト!相続税の申告手順と必要書類について

こんにちは! こうのとりです。 コロナウィルスの動静に一喜一憂することはなくなりましたが、やはり今年のお盆は帰省せず、家でおとなしく過ごすことにしました。 都会の喧騒を離れて、田んぼの多い田舎に帰るのは年に数回の楽しみだったのですが、今回は止…

愛人が子どもと共に遺産相続を主張してきた!その権利は?

こんにちは! こうのとりです。 今年は梅雨が長い?という印象がありますが、皆さまはどうお感じになられますか? 雨が降っていると私の天敵であるヤブ蚊があまり飛ばないのでうれしいのですが、セミも鳴きはじめ、そろそろヤブ蚊たちも出てくるようになって…

遺産相続?生前贈与?お得に遺産を残す特例の活用方法

こんにちは! こうのとりです。 東京のコロナウィルス感染者が急増し、全国の1日の感染者もとうとう1,000人超えをするなか、ニューノーマルな生活への対応の難しさが浮き彫りになっていますね。 若い人ほど重篤化する可能性がないという情報が先行してしまっ…

相続登記って必要あるんですか?備えあれば憂いなし 

こんにちは! こうのとりです。 在宅ワークが増えると、日本の四季を感じられる機会も少なくなってる気がします。 通勤はストレスでしかないと思っていたけど、風景を見たり、あれこれ考える時間にはなっていたのかなと思います。ただし、あくまでも満員電車…